心配事

朝、ドンドンと強く地面を踏んだら、かかとを痛めてしまい歩くのがやっとで、

エアーサロンパスが良いと聞いて早速ドラックストアに行って買いました。

時間はかかるけど驚くほどのキキメ!

エアーサロンパスのおかげで今は痛みがありません。

エアーサロンパスオススメです!

 

f:id:patch21:20180712194720j:image

昨日ブックオフで隔週刊ZARD No.3が400円だったので買いました。

これをフルプライスで買うほどお金がありませんので(笑)

収録されている「心を開いて(ピアノ)」を聴きながらつれづれなるまま綴ろうと思います。

 

 

 

心配事。

 

ずっと連絡を取っている友人がいまして、

それが先月の18日以降全く連絡が来なくなり、

すごくすごく心配なんです。

 

連絡が断つ3日前に実家に帰ったらしいけど、いままでは実家でも連絡してくれてたんです。

 

5月頃から、理由は分からないけど病み病みになった、って言っていて、それが関係あるのか。

 

2月、3月頃、逆に自分が病み病みになっていて、

今までこんなに気がめいる事なんてなかったんだけど、「アリナミンが効くよー」て教えくれて、2、3月はアリナミンに助けられた。

 

それからは元気いっぱい。

 

だから「病み病みになった」て聞いた時は「教えてもらったアリナミン効いたから飲んでー」て伝えたんですが、それから飲んだとは言っていなかった。

 

病み病みが連絡が取れなくなった直接の要因かは分からないけど、 なにがあったのか、元気なのかそれだけが知りたい。

 

連絡断つ前の日はフツーのやりとりしていて、

なにがあったんだろうか。

 

プッツンしてなきゃいいんだけど。

 

やりとりを見返すと忙しくなるみたいな事が書いてあったので、それが原因だと思って今は考えない事にしてる。

 

 

こないだプラモデルを作ったのもこの不安を考えたくないからかもしれない。

 

とりあえず一ヶ月まではポジティブな方向で考えようと思う。

 

連絡が取れたら大きなため息をつこうと決めている。それは今の不安を吐き出したいから。

 

プラモに挑戦

中学生以来、十数年ぶりにプラモデルを作ってみました。

 

以前からバイクの模型が欲しいと思っていたのと、

ちょっと前にガチャガチャでやったHONDAモンキーに魅了されてしまって、

プラモでチャレンジしてみようと思いました。

 

f:id:patch21:20180711232654j:image

折り鶴すら折れない不器用者にできるか心配でしたがなんとか作り上げました!

 

f:id:patch21:20180711233355j:image

ジャジャジャーン!

最後の最後にシールでミスってしまったけど、まあなんとか。

 

説明書のチューブの場所がわけわからなさ過ぎてネットで調べたりしたけど結局分からなくて何となくで終わらせた(笑)

 

荷台の接着面が小さ過ぎてかなり苦労しました。

ランナーから外す際、バリだと思ってちょん切った所がチューブさす部分だったとゆう失態を犯し、無理矢理くっつけました(笑)f:id:patch21:20180711234152j:image

f:id:patch21:20180711234352j:image

ガチャガチャのと並べるとこんな感じ。

 

f:id:patch21:20180711235933j:image

アクリルケースに入れると様になるかなw

 

また機会があったら作ってみたい!

最近買った本

ここ数ヶ月ブログの内容が思いつかなく、少しの間お休みしていましたが、またぼちぼち書いていきます。

 

 

 

よく本屋さんでアートやデザイン系の本を立ち読みとゆうか、立ち見するんですが、

本を開いて一瞬で一目惚れして衝動買いしてしまった本があります。

f:id:patch21:20180708030626j:image

「アートオブ j.c.ライエンデッカー」

 

f:id:patch21:20180708031457j:imagef:id:patch21:20180708031501j:image

一言で言うと素晴らしすぎる!

 

 

風刺を描いた絵が好みってのもあるけど、

一枚の絵で動きや物語が想像できる絵がたまらなく好きだ。

 

 

もっと早くこの本に出会いたかった。 

テオにゃんに駆られて

モンスターハンター4が発売する頃友達にオススメしたことがある。

 

モンスターハンターを全く知らなかった女性に。

 

最初はグロいから、怖いからやりたくないと言っていました。

でも実はコッソリ買っていて楽しんでいた。

 

 

最初の頃は「目をつぶると音楽が聞こえる〜」なんてかわいい事言ってました。

 

スキルのことや武器の事、モンハンのあれこれを教えてあげた。

 

 

 

去年末に「モンハン4Gプレイ時間が1000時間こえてたよ」と報告したら、

「え?私3000時間こえて、テオ(テオ・テスカトル)狩ったときはセーブしてないからもっと行ってる」と言われました(笑)

 

 

テオ・テスカトルという古龍が大好きらしく、ギルドクエスト140レベルを何回も行っているみたい。

 

「テオ討伐やっと500匹こえたよ」と報告すると、

「フッ(´-ω-`) 3000匹こえてるしセーブしてないからもっと行ってる」言われました。

 

 

 

ちなみにモンハン4Gでそのくらいやってるみたいなのに、

モンハン4の時点でハンターランクが999になっていたので、

相当やり込んでいるらしい(笑)

 

 

テオ・テスカトルに挑む時は厳しく、

 

耳栓、細菌のスキル無いのは地雷、

大剣で抜刀無いのは弱い、

操虫棍の乗りスキル付けたのはバッタだから邪魔、

テオに麻痺は大爆発がわからなくなるからいらないなど、

プロハンみたいな事言っている。

 

 

「テオにゃんの頭カンカン(頭に大剣の溜め斬り)楽しいねん」てよく言っています。

あと、「モンハンは遊びじゃねーんだよ」とも言っています(笑)

 

 

ぱっちは耳栓、細菌を意地でも付けないから、突進で引きずられ、

テオの怒って90秒後に大爆発が読めなくて、ドッカーンてやられているのをいつも笑われている。

 

 

最近またモンハン4Gが再燃したらしく、テオをオンラインキッズと行っているらしい。

 

 

彼女は言う、モンスターハンターじゃなく、『テオ・テスカトルハンター』でいいよと。

Season

 

ポプラの並木をくすぐる

風は春色きらめいているね

 

 

 

この歌い出しで始まるZARDの『Season』。


♫ ZARD Season

 

 

段々暖かくなり、陽が長くなってきて春の訪れとともに聴く

ZARD春の最強ナンバーがありまして、

 

「Oh my love」、「Listen to me」、「あなたを好きだけど」、「眠り」、「Season」など、

 

 

特に『Season』は卒業の季節(過去)を歌った少し切ない歌詞が特徴だ。

 

この時期寂しい人を殺しにかかってくる歌詞です(笑) 

 

 

春は周りの環境が目まぐるしく変化して、

自分自身はなにも変わらないのに周りが変わっていくのってなんだか寂く感じる。

 

 

 

 

Seasonのサビの始まりが「切なくて」

 

切なくて 出しそびれた手紙

いつも遠くから君を思い

 

 

切なくて 淡い夢を抱き

輝いた景色には 帰れない

 

 

ZARDの曲名はサビの1番盛り上がるところで歌われてたりするけど、

Seasonは「切なくて」がタイトルになってもおかしくないくらい強く歌われてる。

 

 

 

この「切なくて」とゆう言葉

聴くと胸をキュッて締められた感覚があって、

複雑な気持ちをうまく表現した言葉に感じられる。

 

 

 

この切ない気持ちあと何十年、何回味わうんですかね。

そしてこの歌に何回救われるんだろうか。

隔週刊ZARDと黒澤明DVDコレクション

f:id:patch21:20180216024419j:image

「隔週刊ZARD No.27」と店頭で目に入った「黒澤明 DVDコレクション1 用心棒」を買いました。

 

 

隔週刊ZARD No.27にはZARDファンになったきっかけともいえる曲「Don't you see!」のTVオンエアバージョンが収録されている。

 

そう、ドラゴンボールGTのエンディングテーマに使用されたバージョン。

 

 

ZARDのアニメやCMに使われたテレビサイズの歌にはTVオンエアバージョンが存在し、シングル、アルバムと違うメロディーになる。

 

 

『Don't you see!』TVオンエアバージョンはたしか高価なコレクションボックスかに収録され、欲しくてもなかなか手が届かなかったが、今回やっと収録された。

 

 

シングル、アルバムに収録されているDon't you see!とは違い、ノリノリでポップな感じのテイストでどちらかというとTVオンエアバージョンの方が好きだ。

 

またOh my loveのオリジナルカラオケバージョンは嬉しい選曲。

特にOh my loveは春に聴きたくなるひとつで

名曲中の名曲だ。

 

 

 

 

そして大好きな映画、『用心棒』が目に付いたので買ってしまった。

 

 

お昼の番組、ごきげんよう小堺一機さんがよく三船敏郎さん&黒澤明監督の武勇伝を語られてて、(すごく楽しそうに)一回黒澤明監督の映画を見てみようと思い、『羅生門』を観たんですよ。

 

世界観と三船敏郎さんの演技が凄く引き込まれたのですが、内容が難しすぎて、全く理解できなかった(笑)

奉行所三船敏郎さんを映すアングルが斬新だった記憶しかない。 

 

そして、ネットで調べて評価が高く、オススメ作品として挙げられていた『用心棒』を観た。

 

 

最初から最後までずーっと引き込まれてしまった。

 

こんなに凄い映画があるなんて……

衝撃と、なんでもっと早く観てなかったんだとゆう後悔。

 

そして三船敏郎さんが超絶かっこいい。

 

 

一匹オオカミの頭のキレる主人公がふらっと現れ、自分に利益があまりないのに人を助け、またどこかへふらっと行ってしまう。

 

彼は一体何者で、そして目的はなんだったのか?そんな謎めいた主人公が魅力的だ。

 

なんとなくマッドマックスの雰囲気に似てる気がする。

 

 

続編?ともいえる『椿三十郎』で好きなシーンがあって、

難しい話をしてる中、椿三十郎演じる三船敏郎さんが襖に書かれてる『や』の文字を指でなぞって考え事してるシーンが愉快で好きだ。f:id:patch21:20180218225440j:image

 

あれはアドリブなのか、かっこいい主人公のお茶目さを感じた。

 

そして、ただの思いつきの様な言い方で椿三十郎と自己紹介するシーンは弟と真似しあったくらい好きだ(笑)

 

 

映画を好きで用心棒、椿三十郎七人の侍を観てない人は損してると思う。

待ちに待ったワールド

いよいよ今週の26日金曜日に『モンスターハンター:ワールド』が発売される!

 

 

長かったような短かったような。

 

 

 

 

笑っていいとも!』のテレホンショッキングのコーナーに妻夫木聡さんが出演されたとき、

「最近モンスターハンターてゲームをしてるんですよ」と発言されたのがモンハンをやろうとしたキッカケだ。

のちにナンバリング3作目モンハン3(トライ)のCMや広告に妻夫木聡さんが起用されててすごく嬉しかった覚えがある。

 

 

最初はこのゲームの意味がわからなくて、飛竜の卵を運ぶのに段差で落とすという妙にリアルな優しくなさに衝撃を受けた。

やっとのこさ、ベースキャンプまで卵を運んだのに支給ボックスと納品ボックスを間違えて置いてしまうとゆう失態。

 

始めた頃は全く理解不能なゲームだった。

 

 

初心者の最初の壁、怪鳥イャンクックすら倒せなかった。

クラスメイトにイャンクックは身体を回転する方向が決まってるからと助言され、麻痺の片手剣に強化し倒せたときは嬉しかった。

 

 

たぶん、この快感が忘れられなくてモンハンがやめられないのかもしれない。

f:id:patch21:20180123225652p:imagef:id:patch21:20180123225710p:imagef:id:patch21:20180123225725p:image

f:id:patch21:20180123225844p:imagef:id:patch21:20180123225849p:imagef:id:patch21:20180123225854p:image

モンハンは最大4人で狩に行ける。

人間よりもはるかに大きいモンスターにハンター達が立ち向かっている時、ふと客観視することがある、

そんな時つくづく「凄いことしてるなぁ」と思う。